ローンが残ってても買い取ってもらえるの?

自動車は大きな買い物ですので、ほとんどの方はローンを組んで自動車を購入するでしょう。しかし、転勤がある、家族が増えるので今の車では手狭になるなどの理由で今の車を手放す際、もし車のローンがまだ残っているとどうなるのでしょうか。

原則としては下取りも買取もできない

車のローンが残っている状態では、原則として車の下取りも買取もできない状態にあります。「自分の車なのに自由に処分できないとは」とお嘆きの方もいるでしょうが、実はその車、自分の車ではありません。車のローンが残っている状態では、その車の所有権は「自分」ではなく「ローンを提供している会社」となります。

住宅ローンなどでも、ローンを組むためには購入する車に抵当権を設定しますが、それと同じようなことが車にも言えます。マイカーローンを組むためにはその車に抵当権を設定する必要があり、それを持っているのが「ローンを提供している会社」なのです。それによって、万が一車のローンを支払えなくなった時、ローンを提供している会社は車を没収することで「借金のかた」とすることができます。

所有権を解除してもらうためには

どうしてもその車を処分したいと考えている方は、ローンを提供している会社にお願いをして所有権の解除をしてもらわなければなりません。車が事故を起こして廃車同然であれば、さすがにローンを提供している会社も所有権の解除にはすんなりと応じてくれます。

しかしその際でも、ローンを提供している会社は残っているローンを一括で返済することをまず求めます。手持ちの資金に余裕があって一括返済できれば、所有権は解除されます。しかし、多くの方はとても一括で返済なんてできないでしょう。かといってローンの帳消しはできませんので、分割で残った借金を支払っていく契約にしたうえで、所有権の解除を求めるというのが一般的な流れです。

借り換えて一括返済という選択肢も

新たに車を購入する予定がある方は、新たな車のローンも分割なのに、古い車のローンも分割では多重債務になってしまいます。それならば、新たな車で利用する予定のローンで古い車のローンもまとめてしまうという手もあります。

新たな車を販売するお店側も、その条件ならば比較的飲みやすいでしょう。借り換えたお金で古い車の借金を完済すれば、新たな車を購入するお店で下取りしてもらうことは可能です。ただし借り換える際には、前のローンよりも低金利のローンを選ぶようにしましょう。

損をしないための車一括査定

カービュー車一括査定 楽天の一括査定
最大8社見積・完全無料
提携200社以上!
有名店から地域密着専門店まで自宅近くの専門店がきっと見つかる!
最大9社へ一括査定!
査定依頼すればもれなく楽天スーパーポイントプレゼントされます!
かんたん車査定ガイド ズバット車買取比較
簡単な入力項目だけで多数の業者で見積もり査定可能!業界団体所属の信頼できる買取店のみと提携してるので安心。 150社以上の車買取業者の中から厳選10社の無料一括査定で愛車の最高価格が分かります!