事故車はすぐにばれるのか?

もし自分の愛車が事故車だったら、下取りや買取の査定の際にどのような影響があるのでしょうか。

事故車とは?

そもそも事故車とは、その名の通り事故を起こした車のことなのですが、事故を起こした車がすべて「事故車」ではありません。なんだかややこしいですが、事故車とは別名「有修復歴車」とも呼ばれております。

「有修復歴車」とは、フロントインサイドパネル、ダッシュパネル、ピラー(フロント、センター、リアー)、フロアパネル、フレーム、トランクフロアパネル、ラジエターコアサポート (交換のみ)、クロスメンバー、ルーフパネルの9か所のいずれかを交換もしくは修理したことのある車、と定義されています。

しかし、われわれでも聞いたことのない部品名が多く、どこの場所かも検討がつきませんよね。これは、傷の大小にかかわらず交換や修理がなされていれば、全て修復歴ありと判断されてしまいます。また、傷をそのまま放っておいても直しても、同じことです。

事故車であることを知っている場合

以前、自分が運転していて事故を起こして、9か所の部品のうちどれかを修理や交換をしたことがある、それを知っていて下取りや買取に臨むとしましょう。モラルとしては問題かもしれませんが、法的に違反というわけではありません。

ただし、買取業者もプロです。まずは査定の際に「この車は事故車ですか」と聞いてきます。ここで「いいえ」と答えたとしても、そのあと実際に査定を受ければその車が事故車であることは白日の下にさらされます。査定の時点で事故車と分かれば減額される、それだけのことです。

事故車とばれなかった場合は

しかし、場合によっては事故車とばれずに査定が終了してしまう場合もあります。その場合は正直に言うべきなのでしょうか。結論としては、どちらでも構いません。事故車であることを査定の時点で見抜けなかったのは、買取業者の明らかな技術不足です。

査定では十分な時間をかけて隅々まで車を調べ、特に修復歴の対象となる箇所は念入りに見るはずです。それでも見抜けなければ、それは明らかに買取業者の落ち度です。あとから減額を要求されても、それに応じる必要はありません。

販売店は事故車であることを言わなければならない

逆に、中古車などを販売するお店は、もしその車が事故車であるならばその旨をしっかりと明記しておかなければなりません。
下取りとは逆の立場になるわけですが、車のプロが素人に対して嘘をついたり隠したりしてはいけません。

損をしないための車一括査定

カービュー車一括査定 楽天の一括査定
最大8社見積・完全無料
提携200社以上!
有名店から地域密着専門店まで自宅近くの専門店がきっと見つかる!
最大9社へ一括査定!
査定依頼すればもれなく楽天スーパーポイントプレゼントされます!
かんたん車査定ガイド ズバット車買取比較
簡単な入力項目だけで多数の業者で見積もり査定可能!業界団体所属の信頼できる買取店のみと提携してるので安心。 150社以上の車買取業者の中から厳選10社の無料一括査定で愛車の最高価格が分かります!