契約してしまった後にキャンセルは出来るの?

新たな車を購入する際、古い車は処分しなければなりません。どうしようもない車、事故車でしたら廃車も致し方ありませんが、そうでないなら廃車は非常にもったいない。買取や下取りを検討すべきでしょう。結局、新たな車の購入店と同じ店で古い車の下取りもお願いすることとなりました。しかしその後、一括の買取査定を依頼してみたところ、かなりの高値がついたので下取りをキャンセルしたいとすると、それは可能なのでしょうか。

買取キャンセルの場合

まず重要なのは、契約書がどのような内容となっているかです。その上で、今自分が置かれている状況がどこか、具体的には車と書類がどのようになっているか、それが車を売る際の契約書確認の注意点です。下取りではなく買取ですが、業界最大手のガリバーでは買取に関して以下のようなキャンセルルールがあります。

まず、車がまだ買取店に入庫されておらずに書類手続きも済ませていない場合、期間にかかわらずいつでもキャンセルが可能です。車が買取店にすでに入庫されている状態で書類手続きがまだの場合、入庫日から7日後までは無償でキャンセルできますが、8日を過ぎますとキャンセルはできません。それ以外のケースでは、入庫日の翌日までは無償でキャンセルできますが、3日後からはキャンセル不可となります。

下取りキャンセルの場合

買取よりも状況が複雑になるのが、下取りキャンセルです。買取は買い取ってくれる車だけの問題ですが、下取りは下取ってくれる車と新たに購入する車が絡んできますので。ここでも、車を売る際の契約書確認の注意点があります。契約をしてすぐ(おおむね5日以内)であれば、キャンセルは比較的容易です。ハンコを押した時点で本来はキャンセル不可と思いがちですが、販売店としても車が売れてほしい気持ちがありますので、下取りキャンセルを受けてでも売り上げの実績はほしいのです。

とはいえ、さすがに心の中は穏やかではないとは思いますが。さらに状況がややこしくなるのが、下取りを使ってさらなる値引きをした場合です。新車販売ではよく行われる方法ですが、車両本体の値引きが難しい代わりに、下取り価格をさらにアップさせてそれを値引き代わりにする手法がとられます。このケースに関しては、時期や販売店によって対応が変わってくるでしょう。売り上げを何としてもほしい販売店、あるいは年度末で売り上げがほしい時期であれば、比較的キャンセルには応じてくれるかもしれません。

損をしないための車一括査定

カービュー車一括査定 楽天の一括査定
最大8社見積・完全無料
提携200社以上!
有名店から地域密着専門店まで自宅近くの専門店がきっと見つかる!
最大9社へ一括査定!
査定依頼すればもれなく楽天スーパーポイントプレゼントされます!
かんたん車査定ガイド ズバット車買取比較
簡単な入力項目だけで多数の業者で見積もり査定可能!業界団体所属の信頼できる買取店のみと提携してるので安心。 150社以上の車買取業者の中から厳選10社の無料一括査定で愛車の最高価格が分かります!