下取り査定の前に買取店で査定しておかないと損!

新しい車を購入する際に一番気にすることは何でしょうか?「どんな車を購入しようか」「いくらくらいなのか」「オプションに何を付けようか」「どこのお店で購入しようか」などの“車を買う“という部分だけを意識しがちですが、実は購入時に行う“今乗っている車の下取査定”が非常に重要になることはご存知でしょうか?
購入車に対する値引き程度の意識しかないようでは、かなり損をしてしまっています。今回はそんな“下取査定”だけでない、得する車の売り方についてご紹介致します。

下取り査定とは?

そもそも下取り査定ではどうやって金額が決まるのでしょうか?各販売店やメーカーなどによって基準はあるかと思いますが、基本的には車種・色・年式・走行距離・事故歴などからある程度相場が決まってしまいます。細かい擦り傷やへこみなども車の査定時にチェックされますが、それによって大きく値段が左右されることはありません。ボディの板金だけでなく車の内部やフレームまで直すような、よほど大きな修理をしていない限りは大きな事故歴とはみなされないことが多いようです。

車の買取店とはどんなお店なのか?

最近よく耳にする車の買取店。中古車の販売もしているところが多いですが、要は中古の車を仕入れ、修理・整備して、販売するお店のことです。新車販売はしていないところが多く、あくまでも買い取った車を売りに出す商売です。

買取店はなぜ高く買い取れるのか?

オークションで仕入れて個人に売る、個人から仕入れ(買取)て個人に売る(業界のオークションに出すこともある)、ということを行っているため、“高く売れる車であれば高く買い取ってくれる”ということになります。
下取り査定は車種や年式・色などである程度決まりきった基準があるのに対して、“買取店は売れる車なら高く買う“という考え方ができます。よって、市場の中で「人気のある車種」「人気のある色」「人気のあるデザイン」などの条件を満たす車に乗っている人は買取店の方が買値が高くなります。ただし、人気の有無は、時代の流れや季節、世の中の出来事など様々な要素によってその都度変わってきますので、注意する必要があります。

総合的に見て判断

いずれにしても、色・装備なども含めて自分の車が人気車種なのかどうかによって車の買い取り価格が変わってきますので、まずは買取店で一度査定してもらうことが大切です。車種によっては下取り査定の方が高くなることもありますし、下取りの場合は新車を販売するという別の目的がありますので、別の意味で新車販売としての値引きやオプション品のサービスなどの得する条件もあります。上記の要素を総合的に見て判断するのが賢い選択になると思います。

損しないために車一括査定サイトで相見積もり!

カービュー車一括査定 楽天の一括査定 かんたん車査定ガイド ズバット車買取比較
最大8社見積・完全無料
提携200社以上!
有名店から地域密着専門店まで自宅近くの専門店がきっと見つかる!
 

 
最大9社へ一括査定!
査定依頼すればもれなく楽天スーパーポイントプレゼントされます!
 
 

 
簡単な入力項目だけで多数の業者で見積もり査定可能!業界団体所属の信頼できる買取店のみと提携してるので安心。
 

 
150社以上の車買取業者の中から厳選10社の無料一括査定で愛車の最高価格が分かります!