自動車買い取りのポイント

今までお世話になってきた愛車を手放すのであれば、できるだけ高い金額をつけてほしいもの。買取や下取りを利用する際も、できるだけ高額査定をつけてもらうためにはどうすればいいのでしょうか。

買取や下取りのポイント

まず、最も分かりやすい外装関係の査定ポイントですが、傷や凹み、汚れがない方が高額査定となります。特に注意したいのがドアの鍵穴周辺で、小傷が多くつきやすいです。ランプのレンズが割れていたり切れていたりすると、買取や下取り以前に車検に通りませんので、しっかりチェックしておきましょう。

内装関係の査定ポイントとしては、こちらも汚れや傷、そしてにおいなどが挙げられます。特ににおいは、たばこやペットなどのにおいが嫌われる傾向にありますので、査定前には消臭に力を入れましょう。インパネにあるナビやオーディオがしっかり作動するかもポイントとなります。

そして車の要といえばエンジンですが、オイル漏れがあるか異音はしないか、修復歴があるかなどをチェックされます。あまり目につかない足回りも、査定では欠かせません。車高が異常に低かったり足回りにサビがひどいと、高額査定は期待できません。そして、車種やメーカー、年式や走行距離などももちろんチェックポイントです。

車検や修理には出さない

下取り価格や買取価格を挙げるのには、車の状態が良いのに越したことはありません。車検が切れている車よりは車検が残っている車の方が査定金額は高いですし、しっかり修理されている車の方が未修理の車よりも査定額が高いのも当然です。

だからといって、査定前に車検や修理に出すのは得策とはいえません。仮に、査定前に車検や修理に出したとしましょう。車検代は、法定費用以外にも整備費用や手数料などが発生します。法定費用は誰がやっても同じ金額ですが、整備費用や手数料は人によって価格が異なります。一般人が業者に車検を依頼する場合、原価以外にも人件費、そして業者の利益も上乗せされた価格が、整備費用や手数料です。

一方、業者自身が車検を通す場合には、人件費や業者の利益を上乗せしない、あるいは上乗せ幅を少なくしています。その状態で査定に出したとしても、上乗せ分だけ査定金額をアップしてもらえる見込みはまずありません。それならば自分で修理をしようとする人もいますが、素人が塗装などをしてうまくいく可能性はさほど高くなく、見た目を悪くしてかえってマイナス査定となるケースもあります。よって、車検や修理には出さないのが得策です。

損をしないための車一括査定

カービュー車一括査定 楽天の一括査定
最大8社見積・完全無料
提携200社以上!
有名店から地域密着専門店まで自宅近くの専門店がきっと見つかる!
最大9社へ一括査定!
査定依頼すればもれなく楽天スーパーポイントプレゼントされます!
かんたん車査定ガイド ズバット車買取比較
簡単な入力項目だけで多数の業者で見積もり査定可能!業界団体所属の信頼できる買取店のみと提携してるので安心。 150社以上の車買取業者の中から厳選10社の無料一括査定で愛車の最高価格が分かります!