車下取りの体験談

今回は、私の車下取り体験談を紹介しましょう。これまで6年間、スバルのヴィヴィオビストロという車に乗ってきました。購入時には走行距離が12万キロ近くでしたが、6年近く乗っているうちに145000キロにまで走行距離が増えていました。

購入時にすでに10年以上新車登録時から経過していたので、いわゆる「低年式車」かつ「過走行車」という条件。けっこう楽しい車でしたが、車検の度にエンジン修理で10万円近い費用が出ていたので、買い替えようと決断しました。

まずは買取を検討したが…

まずは買取査定サイトで査定を依頼しました。一括査定サイトも利用しましたし、買取専門店オリジナルのサイトも利用しました。条件が非常に悪い愛車でしたので、一括査定を申し込んでもかえってくる返事は「お値段をつけることができません」ばかり。

それでも、2社程度は「実際にお車を拝見してから判断したい」との色よい返事でした。買取専門店オリジナルのサイトからも同様の返事がもらえたので、合計3社に車を持ち込んで買取査定をしてもらいました。しかし、結果はいずれも1万円程度。

そのうち1社は、査定するだけで500円のクオカードがもらえたのでちょっとうれしかったのですが、とりあえず買取は保留です。

目当ての車の販売店での下取りは…

ヴィヴィオビストロを手放した後も車は乗り続けるつもりでしたので、今度は新たな車探しをしていました。中古車で35万円程度のホンダライフを発見、走行距離は125000キロ程度で10年落ちの車でした。

ヴィヴィオビストロを購入した時と似たような条件でしたが、エンジンの丈夫さに定評があったので、新たな愛車はこれに決定しました。その販売店では、ちょうど年度末に下取りキャンペーンを実施しており、どんな車でも一律2万円で下取りするというキャンペーンでした。

これならば買取よりもむしろオトクではないかと思い、さっそくホンダライフの購入契約をしました。下取り査定と納車が同じタイミングで行われることになったので、販売店までヴィヴィオビストロを持っていきました。

途中でウィンカーがつかなくなる、スイッチが壊れるなどのアクシデントがなぜかヴィヴィオビストロに発生。なんとか販売店までたどり着き、査定に臨みました。ばれないように内心祈っていましたが、何とか2万円のままで下取りしてもらうことになりました。

これまでの労をねぎらうようにビストロのボンネットを撫でて、新たな相棒のホンダライフに乗ってその場をあとにしたのです。

関連記事

関連記事はありませんでした

カーセンサー

  • 中古車情報の歴史が長いので、ユーザーから高い支持を得ている。
  • 全国規模で買取店が登録されているので、査定してくれる登録店舗が幅広い。
  • 車種を問わず高値が期待出来る。
  • 買取店からの査定額をメールでお知らせしてくれる。
  • (※お電話がある場合もございます。)

楽天無料愛車一括査定

  • 最大9社の無料見積り比較
  • 制約で楽天1,500ポイントがもらえる
  • 車査定をするだけで、楽天スーパーポイント5ポイントがもらえる

ズバット車買取比較

  • 過走行車に強い
  • 使いやすい車一括査定を追求する会社なので、初めて車を売る方や、車に詳しくない方はにオススメです

Copyright© 車下取りにちょっと待った!損をしない売り方とは?! , 2017 AllRights Reserved.