車下取りと買い取りの違い

古い車を手放すには「下取り」と「買い取り」の2つの方法があります。車下取りと車買い取り、どのような違いがあるのでしょうか。

金額の付け方

まず異なるのは、金額の付け方です。車買い取りは、車の年式や状態はもちろん、走行距離やその車の人気ぶりなどを総合的に判断して買い取り価格を決めていきます。一方で車下取りの場合、車の年式や状態、走行距離や車の人気ぶりはさほど重視されません。

登録車と軽自動車で価格に若干の違いが出るところもありますが、登録者の中では車に関係なく一律の金額が適用されるのが基本です。

新たに車を買うか買わないかが違う

古い車を手放した後どうするか、それによっても車下取りと車買い取りは大きく異なってきます。車買い取りは、古い車をお店に引き取ってもらった後、新しい車を購入するかどうかは自由です。

もちろん、買い取ってもらったお店で新たに車を購入すれば、車買取の価格にも多少の色がつくかもしれません。買い取ってもらったお店以外のお店で車を購入したとしても、車の買取価格が下がることはありません。

さらに、車の買取だけお願いして新たな車は購入しない、これでも構わないのです。一方車下取りは、買取のような自由はありません。下取りをしてもらったお店以外のお店で車を購入するようなことがあれば、提示した下取りは無効となります。

下取りとは、同じお店で車を購入してもらうための値引きツールの一環という側面が強いので、そこで車を買わないお客に対しては下取りを行なわないのです。もちろん、古い車を手放した後に一切車を買わない人に対しても、下取りは適用されません。

取り扱っているお店が違う

車下取りを行なっているお店、そして車買取を行なっているお店にも違いが見られます。まず、最近増えている車買取専門店は、もっぱら車買い取りのみを行なっており、買い取った車はオークションに出してしまい一般ユーザーには販売しません。

よって、車買取専門店には販売用の車がありませんので、その値引きツールとなる下取りはありません。新車のみを取り扱っているディーラーの場合、買取は行っていないのが通常です。

このタイプのディーラーは、新車を販売することを第一としていますので、下取りは積極的に行なっています。それに対して、本業ではない買取はほとんど行っていないのです。

中古車も取り扱っているディーラー、あるいは中古車販売店では、下取りも買取も行なっているケースが少なくありません。

関連記事

車下取り相場表

できれば高い価格で下取りをしてもらいたい、それは誰しも共通する思いです。その思いに応えて、インターネット上では様々なサイトが様々な車の下取り価格を掲載しています。 ただし、多くのサイトでは下取りではな ...

車を下取りに出す際の手続きの流れ

何事においてもそうですが、あらかじめ流れが分かっていると物事をスムーズに行えます。これは車の下取りや買取にも言えることですが、下取りと買取では若干流れが異なります。 ほしい車を決める 買い取りになくて ...

カーセンサー

  • 中古車情報の歴史が長いので、ユーザーから高い支持を得ている。
  • 全国規模で買取店が登録されているので、査定してくれる登録店舗が幅広い。
  • 車種を問わず高値が期待出来る。
  • 買取店からの査定額をメールでお知らせしてくれる。
  • (※お電話がある場合もございます。)

楽天無料愛車一括査定

  • 最大9社の無料見積り比較
  • 制約で楽天1,500ポイントがもらえる
  • 車査定をするだけで、楽天スーパーポイント5ポイントがもらえる

ズバット車買取比較

  • 過走行車に強い
  • 使いやすい車一括査定を追求する会社なので、初めて車を売る方や、車に詳しくない方はにオススメです

Copyright© 車下取りにちょっと待った!損をしない売り方とは?! , 2017 AllRights Reserved.